上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
河内松原の家<設計:2006年6月/完成:2006年8月>
 ・「くんえん杉」床と調湿左官壁でリフォーム
 ・家族構成/4人(夫婦+子供2)
 ・構造・規模/在来木造2階建
 ・リフォーム面積46.92㎡
8月のお盆を挟んでの工事でしたが、工事をされている職人さんたちも室内に入ると
外との温度差に気付かれていました。
勿論、お住まいになられている方には、リフォームの前後での室内環境の違いを
感じて頂きました。
河内松原の家
床材には、宮崎産の燻煙処理をした断熱性にも優れている厚み30ミリの「杉」
壁は、調湿のことを考えて左官材料「プラスター」
天井は、調湿クロス
床の断熱材は、ポリスチレンフォーム3種bを厚み50ミリ
壁の断熱材は、ペットボトルを原料としているパーフェクトバリア厚み70ミリ

- more -

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。